平成29年度 11月 12月 1月 2月 3月
平成30年度 4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月


3月19日(火) 
 今日は、3年生の公立高校入試発表がありました。午後には、公立高校に進学する生徒が最後の登校をし、書類を受け取り、お互いの今後の活躍を誓い合いました。全ての生徒が第一志望がかなったわけではありませんが、高みをめざし、努力した日々は確かな力となっています。今後のみなさんの活躍を楽しみにしています。
3月18日(月) 
 今日は、1・2年生共に、学年で楽しい時間をもつことができました。2年生は、クラス対抗のドッジボール。普段は聞こえてこないような雄叫び?!が、運動場にこだましていました。お天気の中で最高のストレス解消です。1年生は、学年文化祭。ギター演奏あり、ダンスありの素敵な文化祭でした。保護者の方に観に来ていただくことができてよかったです。
3月15日(金) 
 今日は、平成31年度前期生徒会選挙です。今までも本物の投票箱などを使って行っていましたが、今年からは、投票所を設置し、立会人も置いた本物さながらの選挙です。投票後は、投票済票なを配るなど、厳粛な雰囲気の中で行われました。みんなが大人になった時、必ず参政権を行使する大人になることを切に願っています。
3月14日(木) 
 今日は、生徒会選挙立会演説会です。1・2年、どちらからもたくさんの立候補者が名乗りを上げました。多くの候補者が話をしていたのは、「もっと自主的に」「より楽しい学校に」というようなことでした。「誰かが何かをしてくれる」ではなく、私が丘中を変える!という素晴らしい演説でした。みなさんのやる気に大いに期待しております。
3月13日(水) 
 今日は、理由があって卒業式に出られなかった生徒に対し、校長室でささやかな第2卒業式が行われました。終わった後は、3年部全員の先生が拍手で見送ります。記念写真も撮り、今後の活躍をみんなで応援しました。一方、在校生は明日が生徒会役員選挙の立会演説です。多くの立候補者の話を聴くのが楽しみです。
3月12日(火) 
 三階のフロアから、楽しそうな声が聞こえてきました。1年生の体育の授業は卓球のようです。見に行くと、卓球部が大活躍をしているところでした。やっぱり、部活で練習している生徒の動きは違いますね。3年生が卒業し、清掃の分担も変わりました。オリエンテーションをしっかり行い、残り数日間を新しい清掃分担で頑張ります。
3月11日(月) 
 東日本大震災から、早くも8年。1年生の理科では、ちょうど地震についての学習をしていました。今日の授業の課題は、「プレートが動くことの証拠について考えよう」。将来、三好丘の子どもの中から、地震を予知し、多くの人を救うような人材が生まれてほしいです。一方、2年生は全クラスで学級レクを行い、残り少ない仲間との時間を楽しんでいました。
3月8日(金) 
 卒業式は終わったものの、修了式はまだまだと思っていましたが、気付くと今年度の登校日もあと10日余り。1年生教室では、「2組での生活も残りあとあと11日」とカレンダーが伝えていました。一方、コンピュータ室では、2年生が初めてのスクラッチに挑戦です。プログラミング学習も、中学校ではずいぶんと浸透してきているようです。
3月7日(木) 
 三好丘中学校にも、春がもうそこまで来ています。校舎裏のアジサイも、冬の間は枯れたようになっていましたが、柔らかな新芽が顔を出し始めました。10・11組の生徒たちも、来年度に向けて菜園の土づくりを始めています。三寒四温とはよく言ったもので、雨と快晴を繰り返しながら春は一歩一歩近づいています。
3月6日(水) 
 3年生のフロアは、209人のにぎやかな住人が旅立ち、静まり返っています。2年生が準備してくれた絵と、担任の先生が心を込めて書いたメッセージが、昨日の余韻をゆったりと伝えていました。一方、2年教室では、「今日からみんなが丘中最上級生」との文字。代替わりをしながら、丘中は着実に前に進んでいきます。
3月5日(火) 
 中学校にとって、最大の行事である卒業証書授与式が行われました。新しい学校である丘中ですが、もう13回目です。本校は、サプライズよりは厳かさを重んずるスタイルですが、最後の校歌を必死に歌う3年生の姿には心打たれました。優しさと落ち着きのある、先輩らしい3年生でした。卒業おめでとう、そして今までありがとう。
3月4日(月) 
 卒業室前日の今日、体育館では、学校賞の表彰が行われました。丘中大賞・体育賞・文化賞と共に、3年間皆勤・精勤の健康賞も表彰されました。1・2年生は、後日ですが、今年健康賞をもらうのは、なんと90人。みんな素晴らしい!心身の丈夫さは、どこに行っても大きな力となります。
3月1日(金) 
 お昼の校長室では、3年生の生徒が「三丘賞」の表彰を受けていました。あと2日で卒業してしまう3年生にとっては、おそらく最後の表彰生徒でしょう。おめでとうございます。そして、午後は卒業式予行練習です。校長先生からは、「もうこのまま本番でも良いくらいだ」と太鼓判を押していただきました。週明けの火曜日には早くも本番です。残された日々を大切に。
2月28日(木) 
 今日は、卒業式の全体練習が行われました。ひと昔に比べると、授業時間数確保のためにずいぶんと練習もコンパクトになっています。500人の人間が一斉にパイプいすから立ち上がると、体育館のフロアが揺れます。今年は歌声も大きく、素晴らしい卒業式になりそうです。心配なのは天気だけですが・・・、大丈夫でしょう!
2月27日(水) 
 10・11組は家庭科室で、三河の伝統食である「おこしもの」づくりをしていました。食紅で色を付けた米粉を型に入れて蒸します。石口先生の持ってきてくれた型の中には、「昭和3年」と書かれた古ーいものもありました。鯛・自動車・松・だるまなど、様々な型から自由に選び、粘土細工をするように、楽しみながらおいしく作ることができました。
2月26日(火) 
 1年生のフロアでは、卒業式の見送りの際に使う花のアーチの準備が始まっています。暖かい日が続いていますが、当日はぜひ晴れんことを!一方、授業のほうも、着々と一年のまとめが進んでいます。1年生の美術では最後の作品である自分の手の写生が、完成間近となっていました。鉛筆で濃淡を表現し、素晴らしい作品がいくつもできていました。
2月25日(月) 
 「3年生を送る会」を終え、校内に卒業に向けての雰囲気が高まってきました。昇降口には、3年生を送る会を盛大に行ってくれた後輩への、3年生によるメッセージが飾られました。また、この日は、3年生による地域清掃も行われました。お世話になった地域への感謝の気持ちをしっかりと示すことができました。